豆知識

系属校と附属校の違いはなに?

清宮フィーバーに湧く今夏の甲子園。早稲田実業の注目度がすごい。
清宮幸太郎は早稲田実業一筋。初等部・中等部・高等部と進んでいるが、この早稲田実業を、早稲田大学の附属校と思っている人も少なくない。

実は、早稲田実業は附属校ではなく系属校になる。
系属校というのは、特定の大学と連携関係を持つ初等教育・中等教育の学校のこと。附属校との違いは運営母体になる。つまり、附属校は大学と同一の学校法人が運営しているが、系属校は異なる学校法人が運営する。

明治大学付属明治中学校・高等学校は、明治大学と同じ、学校法人明治大学の運営であるが、大相撲の若貴を排出した明治大学付属中野中学校は、学校法人中野学園が運営する。

早稲田大学の運営母体である学校法人早稲田大学が運営するのは、早稲田高等学院・中学院、早稲田大学本庄高等学院のみ。早稲田実業学校は学校法人早稲田実業学校、早稲田中学校・高等学校は学校法人早稲田高等学校である。
ただし早稲田実業学校の創始者は大熊重信であり、理事長は代々学校法人早稲田大学総長が兼務している。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX