芸能

身長差19センチの濱田岳と小泉深雪が結婚できた理由は?

10 月よりテレビ東京系で放映される連続ドラマ「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」(10月スタート、金曜午後8時)のハマちゃん役に俳優の濱田岳(27)が抜擢された。
ハマちゃんといえば、俳優・西田敏行(67)のイメージが強いが、「ハマちゃんの魅力を存分に引き出せれる若手俳優は、この人を置いてほかにいません」と、浅野太プロデューサー。

濱田岳と聞いてもピンとこない人が多いだろうが、auの金太郎役といえばご理解いただけるだろう。
「あ~、この人ね」。
容姿、キャラともに、まさにはまり役ではなかろうか。

濱田岳(はまだ・がく)
1988年6月28日東京生まれの27歳。
9歳の頃に東京ドームで野球観戦をした帰りにスカウトされ、1998年、ドラマ「ひとりぼっちの君に」で子役としてデビュー。中学・高校ではラグビーに熱中し、しばらく役者業を休業していたが、2004年に「3年B組金八先生」の出演をきっかけに、本格的に俳優の道を志す。
「2014年CM好感度ランキング」(CM総合研究所)の男性部門、第2位。

奥さんは、日本トップクラスのファッションモデル、小泉深雪。小泉1979年1月28日生まれ、濱田1988年6月28日生まれで、年の差9歳。しかも身長は小泉179センチ、濱田160センチで、身長差19センチ。2011年の結婚当時は、凸凹婚として話題となった。

きっかけは、たまたま飲み屋で一目ぼれをした奥手の濱田が、酔った勢いで小泉の電話番号を聞き出したことにはじまるといわれている。

飲み屋で濱田が打ち上げをしていたところに、偶然小泉が客として入ってきた。小泉の規格外のスタイルに目が釘付けになっていまった濱田。テレビで濱田のことを知っていた小泉。意気投合して一緒に宴会。役者とショーモデルとの接点がなく、酒を飲んで楽しいので単純に友達になりたいと思って電話番号を聞こうとしたのだが、なかなか切り出せない。酒量はどんどんかさむが、小泉は酒に強く、結局番号を聞けたのは翌朝の10時だったとか。この時、ほかのみんなは帰り、残っていたのは二人だけだった。濱田はそれまでに5、6回吐いて最後の気力を振り絞って「電話番号を教えてください!」と懇願したそうな。

男は、アタックあるのみ!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX