スポーツ

世界陸上で話題のサニブラウン・アブデル・ハキームってどんな選手?

今回の世界陸上、サニブラウンの活躍が目立っています。
どうみても外国人の名前、どうみても外国人の容姿、しかし胸につけた国旗は「じゃぱん!」。いつものように適当にテレビをみながら、ビールを飲んでいましたが、コールされた途端に目が画面に釘付けになってしまいました。

サニブラウン・アブデル・ハキーム。

最近はキラキラネームが流行っていますが、すごい名前の日本人ではないですか。

サニブラウンはガーナ人の父、日本人の母を持つ16歳の高校2年生です。観客席から心配そうに子どもの姿を見るお母さんの姿が印象的でしたね。サニブラウンが陸上を始めるようになったのはお母さんの影響らしいです。
ハードルで全国高校総体に出場したこともあるお母さんの薦めで、小学校3年生のときから陸上を始めました。

城西大学附属城西中学校・高等学校(東京都豊島区)に進み、高校1年生の時、国体100メートル(少年B)で10秒45で優勝。2015年7月に行われた世界ユース選手権では、ボルトの大会記録を破り、100メートル10秒28、200メートル20秒34で2冠に輝きました。

今回の世界陸上では、男子200メートルの予選と決勝で、ガトリンと直接対決。29日の400メートルリレーでは、ボルトとのアンカー対決の可能性もあり、目が離せませんね。
▶世界陸上のインタビューはこちら
http://www.tbs.co.jp/seriku/player/jp/m027.html

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX