ニュース

たばこ1箱が1000円!いったい税金はいくらなの?

酒たばこの18歳解禁を提案したかと思えば、今度はたばこ税の増税。いったい何がしたいの?と、グニャグニャの政策に文句をつけたくなる今日この頃です、はい。

9月2日(水)、自民党の「受動喫煙防止議員連盟」は、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、飲食店などの完全分煙などを盛り込んだ法案を秋の臨時国会に提出する基本方針をまとめました。

また、たばこの値段を約1,000円まで引き上げることなどを自民党の税制調査会に要望していくとのこと。
ま、数十年前に禁煙した筆者にとっては、値上げ大賛成なのですが、喫煙者たちはたまったものではありません。Twitter等で悲鳴が起こっています。

税負担率は、たばこ64.4%、ビール48.2%、ウィスキー28.4%、ガソリン44.0%で、現時点でも6割を超えています。
たとえば、1箱430円のメビウスの場合、国たばこ税が106.04円、地方たばこ税が122.44円、たばこ特別税が16.40円、消費税が31.85円で、なんと276.73円が税金!
ヘビースモーカー氏は高額納税者として表彰されていもいいくらいです。

これが、1箱1,000円というのは、吸わない筆者にとっても理不尽。

ほんと、一生懸命に努力して禁煙しといてヨカッタよ、と痛感しております。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX