芸能

千秋さん、「仕分けの時期がやってきた」とママ友との付き合いをぶっちゃける

あらら、毒舌の千秋さん、言っちゃいましたね〜。
10月12日、タレントの千秋さんが自身のTwitter上で、ママ友との関係について本音をつぶやいちゃいました。

ママ友としてつき合って来たのは、「すべて娘のため」だとぶっちゃけちゃいました。
ママ友の中には、一生つき合いたい人もいれば、卒業を最後にさよならしたい人もいる。そろそろ仕分けの時期がやってきた、と言うのです。

2007年に離婚したココリコ遠藤さんと千秋さんの娘さんである彩華(いろは)さんは、2002年7月11日生まれで、現在、和光小学校の6年生。あと半年で小学校を卒業します。

しかし、Twitterでわざわざ活字にする必要があったのかどうか疑問です。ママであると同時に、タレントでもあり、影響力も大きな方ですから、卒業と同時に切られた人はいや〜な気持ちになるでしょうね。
せっかく、今まで上手につき合ってきても、これをつぶやくことで、今までの苦労がすべて台無し。

ま、一部のママ友に対して、腹に据えかねることが度重なっていたのでしょうね。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX