医療

ももちことカントリー・ガールズの嗣永桃子さんが患っている声帯ポリープってどんな病気?

声帯ポリープの治療のため活動休止中のももちさんこと、カントリー・ガールズの嗣永桃子さんが、10月24日・25日のイベントに出席することが正式に発表されました。

ところで、声帯ポリープとはどんな病気なのでしょう。
声帯の振動する場所に膨らみができると声が悪くなります。ほとんどの場合、脹れは片側だけですが、長期間におよんだり、程度が強くなると、反対側にも変化があらわれます。
声がかれることが主症状です。空気がもれるような感じで、やや低音になります。なかには声が途中で止まってしまうこともあります。

声帯ポリープの治療方法は?

主な治療方法としては「保存療法」と「手術療法」があります。

初期段階では、保存療法が用いられます。声を使わない、いわゆる沈黙することで無用の刺激を避けます。また、吸入や炎症を抑える薬を使います。

保存療法で、完治しない場合は手術になります。
基本はラリンゴマイクロサージェリー(顕微鏡下の手術)でポリープを切除します。ただし、全身麻酔が必要です。
極小さなポリープの場合は、撓性鏡(電子内視鏡やファイバースコープ)の中を通せる鉗子で鉗除する方法もあります。また、撓性鏡の画像をモニターしながら、喉頭鉗子で切除する方法も行われており、かなり良い成績をあげている施設もあります。ちなみに術後は絶対沈黙の期間が約1週間必要です。

声帯ポリープの原因は声の使い過ぎによるものなので、保存療法・手術療法のいずれの場合も、声の出し方を直す必要があります。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX