スポーツ

巨人1位指名の立命館大学・桜井俊貴選手とは?

10月22日に行われたドラフト会議で、巨人から1位指名された立命館大学の桜井俊貴投手。
181cm82kg、右腕から繰り出される最速150キロの伸びのあるストレートに、落差のあるカーブ、チェンジアップ、スライダーが持ち味。大学時代の通算成績は、49試合に登板して、21勝8敗、防御率1.09。3年春には6勝をあげMVPに輝いています。

桜井俊貴投手は、兵庫県神戸市生まれ。多聞東小学校4年生から軟式野球を始め、多聞東中学校では軟式野球部に所属していました。3年生ときに神戸市大会で準優勝をあげています。

高校は兵庫県立北須磨高校へ進学。1年生の時から公式戦に出場し、2年生の夏には県大会でベスト16入りし注目を集めました。34回投げて1四死球と、制球力が群を抜いて優れていました。高校時代からプロのスカウトに注目をされていましたが、県大会ベスト8が最高で、甲子園の経験はありません。

立命館大学では1年次秋からリーグ戦に出場しています。おもに先発2番手として4勝をあげ、防御率0.50(1位)の成績で頭角を表します。
2年からは先発1番手に抜擢され、秋の同志社大学との1回戦では打者27人で終わらせる完封勝利を記録しました。
3年春に防御率0.92(2位)、最多6勝(4完投3完封)で優勝に導き、MVPなど3冠に輝きました。
全国大会には3年春(2回戦敗退)、4年春(初戦敗退)に出場。 3年11月にはU21日本代表でワールドカップを経験しています。

肩ヒジ柔らかくバランスの良いフォームの持ち主。これからの活躍が楽しみな選手です。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX