豆知識

七五三っていつするの?

いつから始まったの?

七五三の起源は室町時代と言われています。江戸時代には武家を中心に関東から全国へ広まりました。当時は、医療・衛生面が悪かったので、すくすくと成長する子どもが幸運とされていました。
「七つの前は神のうち」と言われるように、七歳未満の子ども運命は神様が決めるものと考えられ、数々の儀礼を行うことで、我が子の健やかな成長を祈願しました。
中でも、七歳の祝いは、不安定な時期を乗り越えた大きな節目にあたり、特に重視する地方が多いようです。

 

どんなことをするの?

三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日に神社にお参りし、成長を祝います。今では、子どもたちは晴れ着を着て、お参りをし、記念撮影をするのが一般的になっています。

 

いつすればいいの?

11月15日と言われていますが、これは江戸時代に五代将軍綱吉公が、その息子徳松に祝いをしたことが由来となっています。今では11月15日に限定せず、家族の都合のいい日に参拝するのが一般的になっています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX