芸能

マツコ・デラックスっていったい何者?

11月16日の『SMAP×SMAP』で、木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんが高校の同級生だったことが明らかになりました。木村さんは、1年間だけ千葉県立犢橋(こてはし)高校に通っていましたが、マツコさんはそのときの同級生だったそうです。ただし、お互いに面識はなかったとか。

互いに芸能界で活躍するようになり、その事実を知ったマツコさんから告げられたとき、木村さんは、「ごめん、どいつがオマエになったかわかんね」と返答したそうです。

犢橋高校は、千葉県花見川区にある公立高校で、当時、木村さんはバスケット部に所属していました。2年次からは東京都立代々木高校に編入。代々木高校は、午前・午後・夜間の3部からなる定時制高校ですが、2004年に閉校しています。

ところで、マツコ・デラックスさんっていったい何者?なんでしょう。
テレビを付けるとしょっちゅう出ていて、その存在感あるの巨体で言いたい放題。ほとんど座っているだけで、いいな〜なんて思うのは私だけではないでしょう。

そこで、マツコ・デラックスさんについてちょっと調べてみました。
1972年10月26日、千葉県千葉市生まれ。現在の肩書きは、コラムニスト、エッセイスト、女装タレント、司会者です。
すでに、子どもの時代から同性愛者であることを自覚していたらしいです。
犢橋高校を卒業後、美容学校に進み、しばらくは美容師として働いていましたが、ゲイ雑誌『Badi』に転職。このときのマツコさんの記事を読んでいた小説家の中村うさぎさんに見出され、対談集『人生張ってます』のゲストに抜擢。世に出るきっかけになりました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX