美容・健康

ストレス性脱毛症の原因と対策

「芸能人格付けチェック」のプレッシャーでGACKTさんが、円形脱毛症を患っていたといいますが、現代人はストレスからハゲになるケースが増えています。

ハゲの原因は不摂生な生活習慣

そもそも人はなぜ禿げるのでしょうか。「ハゲは隔世遺伝」とはよく言われますが、禿げやすい体質が遺伝するわけで、直接の原因ではありません。
禿げる原因の多くは、睡眠不足や偏った食生活、タバコなど、不規則な生活にあります。中でもストレスは自律神経のバランスを崩し、血行を悪くします。血行が悪くなると、カラダの隅々まで栄養が行き渡らなくなり、髪が栄養不足になります。そのため、細く抜けやすい髪になってしまいます。

禿げないための予防と対策

規則正しい生活を心がけることで、かなり改善されます。
髪の毛が活発に再生される時間は夜10時から2時までと言われています。この時間帯に睡眠をとるようにし、十分な睡眠を心がけましょう。また、タバコは百害あって一理なしと言われるように、ニコチンは血行を悪くします。できれば禁煙をお勧めします。
毎日の食事は大切です。偏食は避け、髪や頭皮に良いものを食べるようにしましょう。
ハゲに有効な栄養素
・亜鉛(牡蠣、レバー、牛肉、煮干し、かに、うに、魚、貝類など)
・ビタミンB(B2/レバー、唐辛子、海苔 B6/唐辛子、ニンニク、まぐろ B12/魚介類 B7/レバー、大豆、アーモンド B9/レバー、海苔、うなぎ、枝豆、うに)
・カプサイシン(唐辛子、大豆)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX