芸能

江角マキコが芸能界引退!陰にはさまざまな問題が?

先日、いきなり芸能界引退を表明した、女優の江角マキコさん。
昨年の成宮寛貴さんといい、突然のことすぎてショックですね!
いったい、彼女に何があったというのでしょう?
調べていくと、実は彼女、昔から何かとお騒がせだったようなのですが…?

江角マキコのプロフィール

江角マキコさんはもともとバレーボール選手だったという、意外な過去の持ち主でした。
そこからファッションモデルを経て、1995年、映画『幻の光』への出演によって、女優へ。
以後の彼女の活躍は、ドラマに映画と実に輝かしいものでした。
とくに、1998年のドラマ『ショムニ』は大変ヒットして、1990年代を代表するドラマのひとつに。
2003年には『ショムニ』のディレクターの平野眞さんと結婚し、2005年には長女、2009年には長男にも恵まれます。
女優冥利に尽きるというものでしょう。
さらにはバラエティでも積極的に活躍するなど、まさに順風満帆といった人生だったように思えたのですが……。

江角マキコの電撃引退劇

昨年は成宮寛貴さんが薬物や「セクシュアリティな問題」に言及され引退。
その余波もまだ冷めやらぬなか、今度はあの江角マキコさんが…!
新年早々、ショッキングなニュースです。
どうしてこんなことになったかというと、本人談では「家事に専念したい(要約すれば)」というもの。
が、実際には、成宮寛貴さんとおなじで性的な醜聞でした。
もちろん、江角マキコさんはそういう方ではありません。
「不倫疑惑」だったのです。
昨年に続き、今年もこの話題で盛り上がることになるのでしょうか…?
本人は否定していますが、成宮寛貴さんといい彼女といい、デリケートな疑惑でいきなり芸能界から消えるというのは、何とも皮肉な共通点となってしまいましたね。

江角マキコは昔からトラブルメーカー?

2003年にせっかく平野眞さんと結婚したのに、今回の不倫疑惑でピンチに…。
と思いきや、江角マキコさんには、過去にすでに離婚歴があったようです!
1996年に、桐島ローランドさんと結婚したのですが、1年足らずで離婚していたのです。
しかし、過去の離婚、このたびの不倫疑惑、電撃引退だけにとどまらず、江角マキコさんは意外にもトラブルメーカーだったもよう。
たとえば、熱愛とか、共演NGとか、その程度のことならいいのですが、彼女の場合、少し度を超えていたようですね。
もう10年以上も前のことなのに、彼女といえば、いまだに想起される、「国民年金保険料未納問題」。
しかも、イメージキャラクターになったことがきっかけで発覚したという、おまけ付き。
これだけでもインパクトはすごいものでしたが、実は2014年には、「落書き事件」なるものを引き起こしていました。
彼女がマネージャーに、長嶋一茂さんの自宅へ落書きをさせたという、にわかには信じがたい事件、というか珍事でした。
落書きの内容はなんだったかといえば、いたってシンプルなもので、「バカ息子」!
どう考えても、国民的女優がやること(書く内容)ではないですよね…。
この年には、事務所独立トラブルというものでも、彼女は世間をにぎわせました。
こういった実績もあってか、ドラマは2013年、映画も2012年をもってお仕事が来ることはありませんでした。
そこにきてこのたびの不倫騒動と言われても、なんだかかすんでしまう気がするような。
トラブルメーカーゆえの役得(?)なのかもしれません。

まとめ

江角マキコさんのWikipediaを見ると、もう「元女優」に肩書が変わっています。
利用者はいつも仕事が早い…じゃなくて、なんだか切ないですね。
今後はいち主婦になる彼女をまた再放送以外のテレビで拝める日は来るのでしょうか。
ともあれ、お母さんとしてはがんばってほしいですね!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX