美容・健康

一番臭いのは30代半ば〜50代半ばのミドル世代だった!

カラダから発生する悪臭には3つある

ミドル脂臭という言葉をご存じでしょうか。

カラダから発生する悪臭には大きく分けて3つがあります。

ワキ臭ともいわれる「汗臭」
年齢と共に発生する「加齢臭」
そして口臭・足臭の1.5倍の臭さといわれる「ミドル脂臭」
です。

汗臭は酸いニオイ、加齢臭はジジ臭いニオイがしますが、ミドル脂臭は古い油のニオイがします。
よく加齢臭と間違われますが、加齢臭は古いニオイ、いわゆる干からびたニオイですが、ミドル脂臭は古いニオイはニオイでも「油」の古いニオイがするのです。

実は、つい最近まで、ミドル脂臭も加齢臭だと思われていました。それが2013年11月、マンダムの研究により30代半ばから発生するニオイが、加齢臭とは異なる第三のニオイ「ミドル脂臭」であることが解明されました。

ミドル脂臭が発生してくる年代は30代半ばから50代半ばにかけて。ピークは40代で、それ以降は徐々に下がり50代になるとかなり減少し、こんどは加齢臭が強くなってきます。

一番体臭がきついのは30代半ば〜50代半ばだった!

男の体臭を科学する「男のにおい総研」

マンダムの調査によれば、年代とニオイの関係は下記のようになります。

10代半ばから30代半ば

主にワキから発生する「汗臭(ワキ臭)」がメイン

30代半ばから50代半ば

後頭部から発生する「ミドル脂臭」がメイン。「汗臭(ワキ臭)」かなり強い。

50代半ば以降

胸や背中から発生する「加齢臭」がメイン。
「汗臭(ワキ臭)」や「ミドル脂臭」は減少。

そうなのです。
実が、おジジが一番臭いのではなく、キムタクや長瀬や中井くんたちの世代が一番臭かったのです。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX